就労支援Memoについて

このサイトは、広汎性発達障害により就職活動が難しい方や、勤務に介助が必要な方のための就労移行支援サービス情報提供サイトです。「就労移行支援はどんな人が利用できるの?」「受けられるサポートの種類や期間は?」など一問一答形式でみなさまの質問に回答しています。
今の時代に知っておきたい就労移行支援と就労継続支援の違い | フランチャイズ相談所

就労移行支援の工費は一体?就労移行支援事業所の気になる費用を解説

就労移行支援事業所は障害などの理由で就職に困っている人が継続的に通うことで、就職できるまで成長することを目標とした事業所の事を言います。
就労移行支援のシステムに関して詳しくは後程解説しますが、その便利なシステム就労移行支援には費用が必要なのでしょうか?
気になる就労移行支援の工賃や費用のお金について徹底解説していきたいと思います!

就労移行支援事業所とはどういうところ?

就労移行支援事業所とは?

ではまずは就労移行支援事業所がどういったことをする施設なのかを解説していきます。
書き出しでも触れましたが、就労移行支援事業所は障害などが原因で、就職に悩む方の就職活動を支援することを主な目的とした施設です。
ただちょっと間違えた解釈をしている人もいるかもしれないので、改めて知っておきましょう!

就労移行支援事業所にはどういう人が通うの?

就労移行支援事業所に通うことが出来る人は、障害を持っている方は想像できますよね。
ただ障害を持っていない方でも通うこと出来ます。
学生時代や就職後に大きな心の傷を負ってしまい、人と話すことを恐れ部屋に閉じこもってしまっている人も就労移行支援の対象者です。
精神科の病院にて定期的に診断を受けている方が、就労移行支援事業所に通っているというケースも普通にあります。
就労移行支援事業所には、障害を持っていなくても参加できるということ知っておきましょう!

就労移行支援事業所は具体的に何をするの?

では就労移行支援事業所が具体的にどうやって支援しているのかというと、簡単に言うと社会性を取り戻すため支援をしています。
音楽療法などを取りいれ、利用者同士で合唱したり、演奏したり、ダンスしたりする事業所もありますし、コミュニケーション力を上げるために運動したり散歩したりする事業所もあります。
事業所によってやり方は多少変わりますが、共通していることは複数人で楽しむということを目標として支援に取り組んでいるということですね。
もちろん協調性を身に着けることを支援するだけではなく、就職後に困らないようにPC操作や軽作業などの実習もにも取り組むことが出来ます。
生活リズムの修正を手助けしてくれるところもあるそうです。引きこもり生活していると、平気で昼夜逆転しますからありがたいお話ですm(__)m

就労移行支援の工賃とは?

就労移行支援は工賃がもらえるよう?もらえない?

工賃とは簡単に言ってしまえば、就労移行支援にて学ぶ作業することで得るお金です。
え?就職活動の手助けをしてもらいつつも、お金も貰えるの!?という嬉しいお話の様ですが、この真相を解説していきます。

就労移行支援で工賃がもらえる?

結論から言いましょう。工賃はほぼ貰えないです。
そもそも工賃とは、給与とは違います。簡単に言えば、手間金。手間かけさせたねという人件費のようなもの。
反対に給与とは、労働契約をしっかりと結んだうえで報酬として貰えるお金を指します。
この工賃、ほぼ貰えないと言わせていただいた通り、貰える時もありますが工賃は基本的に激安だと思ってください。もう激安の殿堂と言えますよ。
時給換算すると60~90円くらいですからね、報酬がもらえるものだと思って、就労移行支援事業所に通うことは間違いなんです!

工賃がキチンともらえるのは?

工賃を貰って働くのは『就労継続支援事業所』です。この記事で解説している就労移行支援事業所とは違い、障害を持った方が働く事業所です。
ここでは1日何時間かしっかりと作業するので、その分の工賃が支給されます。
支給額はどれくらいか?さっき言った時給換算の金額と働いた時間を掛けると分かるとは思いますが、1か月で1万円ほどとこれまた安いです。
どうしても生産性の低さなどから安くなってしまうのですが、もうちょっと高くしてほしいなとも思いますよね…。

就労移行支援事業所を利用すると費用が掛かる?

気になるのはやっぱり利用した時の費用ですよね。
就職活動を手助けしてくれるわけだし、色んなことも教わるしで費用が高くつきそうだと思いますよね。
ではその費用の実態についてみていきましょう。

利用費用は無料…?

就労移行支援を利用する際は、利用費用が無料になることがあります。
この費用が無料になるかどうかは前年度の所得によってきます!
前年度所得がある場合、世帯収入が300万円以内であると費用は行政が負担してくれるため、無料で通うことが出来ます。
また世帯収入が600万円以内である場合は、無料の1つ上の段階で9,300円支払うことにより、利用することが出来るようになります。

就労移行支援工賃まとめ

就労移行支援の工賃や費用についてのお金の話についてまとめさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
読めば分かるとは思いますが、就労移行支援事業所に通わない手がないですね。
就職に必要なスキルをはじめ、人との関り方であるコミュニケーション能力の向上まで手助けしてくれるわけですからね。
しかも無料で利用することが出来るっていうありがたいお話です。
費用は掛かるのか?と言われますと、交通費や昼ごはん代などはかかってきますが、普通に生活しててもこれくらいの費用はかかりますからね(笑)
確認したい方は一度就労移行支援事業所に問い合わせてみると良いでしょう!