就労支援Memoについて

このサイトは、広汎性発達障害により就職活動が難しい方や、勤務に介助が必要な方のための就労移行支援サービス情報提供サイトです。「就労移行支援はどんな人が利用できるの?」「受けられるサポートの種類や期間は?」など一問一答形式でみなさまの質問に回答しています。
今の時代に知っておきたい就労移行支援と就労継続支援の違い | フランチャイズ相談所

就労移行支援事業所で発達障害の人の仕事力が上がる?

発達障害で仕事ができないってそれ本当に言ってます?自分は発達障害者だから、仕事ができないし働きたくない。こう言いたい気持ちは分かりますし、それくらい大人の発達障害は理解されにくいこともあり大きな問題です。
そんな方こそ、就労移行支援事業所に通って自分の新たな可能性を探してみませんか?
自分に合った仕事なら発達障害だからこそ本気で打ち込めると思うんです。

発達障害とは?

発達障害とは

発達障害とは、簡単言うと生まれつきで脳の発達の仕方が一般的な脳とは違い、社会的に困ったことが起きてしまう厄介な病気です。
発達障害の厄介な点としては、『自己中心的なんだな』『常識がないんだな』『親の教育がなってないんだな』と批判されるだけで、病気であることが分かってもらえない点です。
また自分でも発達障害なのかどうかが確信持てない点も厄介な点です。

発達障害の種類

発達障害には3つのタイプがあります。
1.自閉症(ASD)…対人能力が極めて低く、行動に強い拘りがあります。生後突発的に発生することはない生まれつきの病気。
2.注意欠陥多動性障害(ADHD)…感情や言動を自分で制御することが難しい。具体的には集中力が切れやすかったり、指示に従えないなどの症状があります。
3.学習障害(LD)…知的発達が影響しているわけではなく、話す、聞く、書く、読む、計算するのいずれかができない、もしくは複数ができないことが特徴的。
見た感じもしかしたら私も発達障害なのかな?と思ってしまう方もいらっしゃいますよね。
こんな感じで普段何気なくやってしまうことが実は発達障害である可能性があり、病気なのかどうか自覚しにくいんです。

発達障害でお悩みの方は就労移行支援を受けてみよう

発達障害かも?と疑いがあり、実際に仕事がうまくできないといった人は就労移行支援事業所に通ってみると良いかもしれません。
では就労移行支援事業所について簡単に説明していきますね。

就労移行支援事業所とは?

就労移行支援事業所は、障害や精神的な病によって働くことができない、ないしは働きたくない人が無事就職できるように支援してくれる事業所です。
具体的にはPCスキルや軽作業などの就職後に役に立つスキル、人とのコミュニケーションがうまくとれるようになるレクリエーションなどを行っています。
前年度の世帯所得により利用料金は決まってくるのですが、無料で利用できるケースもあります。ちなみに負担は行政がしてくれます。
就労移行支援事業所はあくまでも学ぶ、仕事力を向上させる場所です。給料は貰うことは出来ませんが、発達障害でお悩みの方は行ってみる価値が高いです。

発達障害だから仕事ができないというわけではない

発達障害でも仕事ができる!

発達障害だから仕事ができないと働き先を探さないのは勿体ないです!
だって発達障害って悪い事もあるかもしれませんが、可能性の塊でもあるんですから!
大事なのは、自分の得意なことを仕事にすることですよ!

発達障害が得意なこと!

発達障害ははっきり言って人との関係を作っていく、営業や接客などの仕事は合わないでしょう。
反対に強い拘りや集中力の偏りを利用して、単純作業やPC業務などの仕事は向いていると思います。
ですがこれは一例にすぎませんよね。
発達障害には3種類あると言いましたが、これらのうちどれに分類するかによってやっぱり向いている職場というのは変わってきます。
自分が得意なことを見つける機会を作ってくれるのも就労移行支援事業所だったりします!

他人と比べられない仕事がベスト

発達障害とは理解されにくい病でもありますから、やはり他人と比べられてしまう世界だと精神的苦痛を味わってしまうでしょう。
実際に発達障害の自覚がなく、上司に幾度となく説教を受け自分は他人より劣っている存在だと思ってしまい、そのままうつ病を発症した人もいるくらいです。
どうしても会社に勤めると比べられてしまう機会っていうのはあるかもしれませんが、出来るだけ自分だけが出来る仕事を持てる会社を見つけれると良いですね。
自分の要望をしっかりと発言できる会社というのも大事になってきます。
会社側としては、発達障害のある人の長所を如何に発揮できる役割を与えられるのかを考えるべきだと私は思います。

発達障害は仕事ができない?まとめ

結論!発達障害だから仕事ができないわけではない!やり方に問題がある!です。
自分の得意なことを探すためにもぜひ就労移行支援事業所の活動に参加してみてほしいですね。
同じような悩みを持った人とのコミュニケーションは新しい発見だらけだと思いますし、何より自分のストレス発散の場にもなると思います。
発達障害だから…と言い訳して、その可能性を潰してしまうのが何よりも勿体ないです。
最初からできないと決めつけ人より劣っていると考えるのではなく、やってみなくちゃ分からないし、自分は人と違うことが得意なんだと思って常にチャレンジしてほしいです!