就労支援Memoについて

このサイトは、広汎性発達障害により就職活動が難しい方や、勤務に介助が必要な方のための就労移行支援サービス情報提供サイトです。「就労移行支援はどんな人が利用できるの?」「受けられるサポートの種類や期間は?」など一問一答形式でみなさまの質問に回答しています。
今の時代に知っておきたい就労移行支援と就労継続支援の違い | フランチャイズ相談所

アスペルガー症候群が受けられる仕事もサポート就労移行支援とは?

発達障害の中の「自閉症スペクトラム障害」のひとつとされている「アスペルガー症候群」は、就職する上でとてもネックになってしまう障害ともいわれています。
アスペルガー症候群はコミュニケーションをとる際にとても苦労してしまう場合が多く、社会というフィールドで対人関係などについて障害を感じてしまい、成人してからアスペルガー症候群であると発覚する場合もあります。
社会性といった対応力が問われる中で、アスペルガー症候群であると診断されてしまうととても不安になってしまいますよね。
アスペルガー症候群の方が受けられる就労移行支援についてまとめてみました。

アスペルガー症候群は仕事ができないって本当?

アスペルガー症候群でも仕事ができる?

アスペルガー症候群と診断された方は、仕事ができない・就職ができないといわれてしまうのはどうしてなのでしょうか。
アスペルガー症候群の方は、決して能力が低いわけではないので、得意な分野と苦手な分野があるというだけなのですが、社会に出てしまうと「仕事ができない」という心無い言葉でひとくくりにされてしまっているかもしれません。
アスペルガー症候群の方が得意としていること、苦手に思っている分野などを簡単にまとめてみました。

アスペルガー症候群が得意としていること

アスペルガー症候群の大きな特徴としては、数字や規則されたデータなど、事実がしっかり見えているものにたいしての作業はとても強いことが多いです。
また、ルーチンワークなど、コツコツと細かい作業をすることも得意ですし、データの入力などの作業にも向いています。
想像力が少し低いとも言われていますが、その代わりに自分の中に作ったルールなどにはこだわりを持つことができます。
なので、データ入力や財務系、経理などの仕事が向いています。

アスペルガー症候群が苦手としていること

先述したように、アスペルガー症候群はコミュニケーションを取ることに苦手意識を感じてしまう場合が多いです。
チームワークや周りを見て働くような環境や、ノリとテンションが高いようなわいわいした雰囲気では能力を発揮できないことがあります。
もちろん、アスペルガー症候群の方が全員対人恐怖症で誰とも話したくないというわけではないですが、コミュニケーションを取ることで相手を不快な思いにさせるのでは?と委縮してしまうケースも。
人と関わるのが中心の職場や職種は、アスペルガー症候群の方には向いていないかもしれません。
コミュニケーションを取ることで仕事を進めていくような職場では、アスペルガー症候群の方は仕事ができないと判断されてしまうかもしれません。

就労移行支援でミスが軽減されるって本当?

アスペルガー症候群でできる仕事

アスペルガー症候群の方は、仕事中に以下の様なミスをしてしまいがちといわれています。

・業務中に同じミスを何度も繰り返してしまう
・納期を守ることができない
・臨機応変な対応ができない(マルチタスクができない)
・業務が思ったように上手くいかないとパニックになる
・忘れ事、忘れ物が多い

このようなミスを多く繰り返してしまいます。
コミュニケーションを取ることが苦手な場合が多い為、わからない所の質問や、上司や仲間の顔色を伺って仕事をすることが出来ないのでこういったミスが起こりがちになってしまいます。
向いている仕事に就けばアスペルガー症候群であること関係なく、仕事で能力を発揮できるのに、コミュニケーション能力だけで仕事ができないと判断されては悲しいですよね。
就労移行支援でどのような支援を受けられるのか、まとめてみました。

アスペルガー症候群の方が受けられる就労移行支援

就労移行支援とは、精神や身体、知的分野や難病の方でもお仕事が出来るように、支援してくれる福祉サービスのことです。
アスペルガー症候群などの知的障害には、専用の障碍者手帳は用意されていません。ですが、精神手帳と呼ばれる証明書を発行してもらえます。
発行後すぐに、障害者枠での就活を受けることができますが、その際に受けられるサービスが就労移行支援です。
就労移行支援を行っている事業所では、こういった障害や病気を持っている方でも活躍できるような仕事をマッチングしてくれます。
社会へ出ても、前向きにお仕事が出来るように、社会に出た時のマナーや職業習慣などを身に付けられます。
ハローワークやその他の支援事業などと提携し。実際に企業へ赴いて実践的なトレーニングを受けさせてくれることもあります。
結果的に、アスペルガー症候群の方でも活躍できる職場を提供してくれるので、コミュニケーションのやり取りの中で起きるミスやストレスが軽減されるといっても過言ではないのではないでしょうか。

アスペルガー症候群の就職先の例は?

アスペルガー症候群の方の主な就職先は以下の通りです。

・ウェブデザイナー
・エンジニア
・証券アナリスト
・建築技術者
・生物学師
・ジャーナリスト
・会計士

接客業や営業職といった職場の方、顧客とのコミュニケーション能力が問われるような職場は向いていないといわれています。

アスペルガー症候群の方の就労移行支援まとめ

アスペルガー症候群の方は仕事ができない・ミスが多いといわれがちですが、もしかしたらそれは就職先が不向きであったのかもしれません。
とはいえ、アスペルガー症候群の方に限らず、誰にでも向き不向きはあるものです。
アスペルガー症候群の方で、今の就職先に不安がある、転職を考えているけれど下された診断がネックで思うように踏み出せないという方は、一度就労移行支援を行っている事業所へ相談に行ってみてはいかがでしょうか。