就労支援Memoについて

このサイトは、広汎性発達障害により就職活動が難しい方や、勤務に介助が必要な方のための就労移行支援サービス情報提供サイトです。「就労移行支援はどんな人が利用できるの?」「受けられるサポートの種類や期間は?」など一問一答形式でみなさまの質問に回答しています。
今の時代に知っておきたい就労移行支援と就労継続支援の違い | フランチャイズ相談所

双極性障害(躁うつ病)で仕事が続かない?精神病でも就労移行支援は利用できる

近年うつ病で仕事を辞めてしまったり、うつ状態が不安定で仕事が続かないという精神障害を克服するために就労移行支援を活用する方が増えてきています。
うつ病なら何事にもやる気がなくない活動する気力が無くなることを指しますが、今回紹介する『双極性障害(躁うつ病)』は元気な状態と鬱状態を繰り返してしまう病気の為、人から誤解されやすく、社会に馴染むことができず仕事が続かないことが多いとも言われています。
双極性障害などの精神病からなかなか仕事が続かないという方は就労移行支援で自分が今どんな状態なのか、この症状は何なのかを学ぶことで新しい道が開けるかもしれません。

双極性障害(躁うつ病)はどんな精神病?

躁うつ病って?

双極性障害とはただのうつ病とは違い、気分が高揚しハイテンションで活動的な気分になる『躁状態』と、無気力で憂鬱、やる気が出なくなる『うつ状態』』を交互に繰り返す症状を指します。
躁状態の時には自分の中では元気なのでうつ状態の時でも「今は気分が沈んでいるだけ」と、病期の自覚がないため病院へ行こうとしません。
鬱とは違う症状の為『サボリ病』『大人のイヤイヤ期』などと呼ばれ無理に活動して悪化したという人も少なくありません。

うつ病の治療だと余計悪化する双極性障害

双極性障害(躁うつ病)の方の多くは、うつ状態の時のみ病院へ行き躁状態の時は問題がないからと言って通院しないせいでうつ病としての治療を受けることがありますが、双極性障害(躁うつ病)の場合その行為は良くありません。
どちらの状態にも過度にならないように調整し、精神状態を安定させる必要があるためうつ病としてだけの治療は意味がありません。
双極性障害(躁うつ病)として受診するためにも自分自身や家族や友人に日頃の気分の浮き沈みを確認してもらったり、自覚する必要があります。

双極性障害(躁うつ病)は鬱ではない?

双極性障害は躁うつ病とは呼ばれていますが、実際にはうつ病とは全く違うものです。
その為治療方法も異なりますし、改善策もかなり変わってきます。
うつ病に似た症状は有れど、たまに気分が高揚して『今だったら何でもできる!』と言う気分にさせるという二面性を持った精神病が両極性障害なのです。
躁状態が続いてしまうと精神的に疲労を覚えてしまいますし、うつの症状も強くなってしまうのでなるべく早く自分の精神状態に耳を傾けてみてください。

双極性障害で仕事が続かない理由

双極性障害で仕事が続かないというのはどのような理由があるのでしょうか。
例えば、躁状態の場合自分の気持ちは高揚しているため、現実離れした行動を無意識のうちに取ってしまうことが多く、本人は気分が良くても相手の人に対して失礼な態度をとってしまったり、周りの人を知らぬまに傷つけてしまうことがあります。
また、どんな周期で躁状態・うつ状態が来るかがわからないので突然次の日には言ってることが違ったり、うつ状態が酷くなってしまい動けなくなる・急に仕事に行けなくなるという突発的な行動を起こしやすくなってしまいます。
病気を自覚していないと何故自分がこんな行動をしてしまうのか理解できず罪悪感から仕事を辞めてしまうというケースもあります。

就労移行支援は精神病でも利用可能

精神病も就労移行支援が使えます

双極性障害(躁うつ病)でも就労移行支援を利用することができます。
双極性障害は薬や休養などで改善することが可能ですが、ちょっとしたストレスなどで再発しやすいため完治する事はありません。
また、躁状態は普段以上に動けるのに鬱状態になると何もできなくなる、不安で押しつぶされそうといった精神状態のギャップについていけなくなり自己嫌悪が加わったりと更につらい気持ちになります。
治療を放置したり、うつ状態のみ治そうとすると再発の頻度も短くなり悪化してくことになるので双極性障害を背負った状態でも就労できるように、就労移行支援を利用するのも一つの手です。

自分のできる仕事を一緒に探してくれる

双極性障害(躁うつ病)で就労移行支援を利用する場合、まずは躁状態と鬱状態の違いについてや、起こる周期、タイミングについて自分を知っていくことから始めます。
そして、どんな仕事なら自分はできるのかを考え、資格を取る道を選んでみたり自分の精神状態を理解して雇ってくれるような就職先を選んだりと精神のバランスが保てるような環境を共に探していきます。
鬱状態・躁状態どちらかに偏ることが無ければ健常者のように仕事に復帰することができるようになります。

双極性障害(躁うつ病)と就労移行支援まとめ

実は、双極性障害(躁うつ病)を実際に本人が理解しているケースは非常に少ないのです。
うつ病と診断されたから鬱だと思い込んでいたケースや、精神状態が不安定と言う事だけ知っていたりと、自分の病気に対しての知識無い方が多いです。
就労移行支援で、自分はどういうときにこの症状が出る。と言うことを理解することで、次の就職先では周囲の人に自分の状態を説明することができ、円滑に就労することができるようになります。
就労移行支援は精神病でも就労が少しでも楽になるように手助けしてくれる場所なので、何度も仕事が続かない。と言う経験があった方は訪れてみるといいかもしれませんね。