就労支援Memoについて

このサイトは、広汎性発達障害により就職活動が難しい方や、勤務に介助が必要な方のための就労移行支援サービス情報提供サイトです。「就労移行支援はどんな人が利用できるの?」「受けられるサポートの種類や期間は?」など一問一答形式でみなさまの質問に回答しています。
今の時代に知っておきたい就労移行支援と就労継続支援の違い | フランチャイズ相談所

就労移行支援事業所とは?その特徴や受けられるサービス内容を解説!

就労移行支援という福祉サービスがあるのをご存知ですか?
障害者の方が、企業に就職して働く為の知識や技術を、職業訓練を通して身に付ける事ができるサービスの事です。
そして、その就労移行支援サービスを行っているのが就労移行支援事業所なのです。
この記事では就労移行支援事業所についてのご紹介。
その特徴や、受ける事ができるサービス内容について解説してまいります。

就労移行支援事業所とは?その特徴

就労移行支援事業所の特徴

就労移行支援は障害者総合支援法で定められている、障害者の方向けの障害福祉サービスの内の1つです。
就労移行支援事業所とは、その就労移行支援サービスを受ける事ができる場所。
全国各地に3000か所以上ものの、様々な事業所が存在します。また、運営している団体も様々にあります。

就労移行支援が受けられる条件

就労移行支援は誰でも受けられるという訳ではありません。様々な審査を受けて認可を受ける事でサービスが利用できる様になります。
就労移行支援が受けられる条件は原則以下の通りです。

・18歳以上65歳未満の方
・身体障碍、精神障害、知的障害、発達障害、難病のいずれかに該当する方。
・企業へ就職して働く事を希望しており、それが可能な方

これらの条件を全て満たす必要があります。
就労移行支援を受けたい時は、まずは市町村の障害福祉窓口へ相談し、申請を出す事が必要です。
申請を出す事で審査が行われ、約1ヶ月後くらいに認可が下りる、という流れになっています。

就労移行支援事業所によって違いがあります

就労移行支援事業所は日本全国各地にありますが、どこでも同じという訳ではありません。
その就労移行支援事業所によって特徴があり、実施しているサービス内容が異なるので、自分に合った事業所選びが大切です。
事業所では、事前に実際のプログラムを見学・体験する事ができます。雰囲気や周囲の人の感じが自分に合っているかどうかも重要な要素です。
ですので、自分が通える範囲の事業所と、そのサービス内容や特徴についてはよく調べて見学すると良いでしょう。

就労移行支援事業所で受けられるサービス内容はこちら!

就労移行支援のサービス内容

全国各地にある就労移行支援事業所で実地されているサービス内容の特徴は、細かい部分は各事業所によっても様々ですが、基本的なものは同じです。
そのサービス内容にはどんなものがあるのかを確認していきましょう。
就労移行支援事業所で受けられるサービスには、個別支援計画・職業訓練・就職活動支援・職業定着支援の4つがあります。

サービス内容1.個別支援計画

まずは就労移行支援を受ける事が決まった障害者の方に、就労移行支援事業所で個別支援計画が立てられます。
これは、障害者の方がどの様に就労移行支援を受けるかの計画書、予定表の様なものです。
個々に合わせて、就労移行支援事業所に通所する日時や曜日、またどの様なサービス内容で訓練をしていくかなども決定します。

サービス内容2.職業訓練

職業訓練、というと働く為の訓練をするというイメージですが、そのサービス内容は多岐に渡ります。
ビジネスマナーやコミュニケーション能力を身に付けたり、スポーツを行って基礎体力作りを行ったり。
パソコンでの仕事ができる様にPCスキルを身に付ける事や、実際の企業で職場体験をする事もあります。
各就労移行支援事業所でサービス内容が異なるので、自分のやりたい事を把握し、自分に合う事業所を選ぶのが良いでしょう。

サービス内容3.就職活動支援

就労移行支援事業所を利用している障害者の方の為に、自分に適性のある職業を模索し、就職活動を支援する事も行われています。
例えば面談やカウンセリング、自己分析や企業分析をする事の他にも、履歴書の書き方講座や面接練習を行うなど、就職に関わる事のサポートをしてくれるのです。
ただし、就労移行支援事業所が障害者の方の就職先を直接斡旋する事はできません。
求人に関わる事は地域のハローワークなどの管轄なので、そちらと連携して行われる事になります。

サービス内容4.職業定着支援

障害者の方が職業訓練を通して、企業に就職が決定しても、その職業に定着できる様にサポートしてくれるサービスです。
具体的には、定期的に面談を行って状況を確かめたり、困り事がないかなどの相談に応じてくれたりします。
2018年4月からは障害者の方の職場定着支援は、就労定着支援事業所が行う様になるのですが、就労移行支援事業所が引き続き定着サポートを行う場合もあります。

就労移行支援事業所とは?その特徴やサービス内容まとめ

就労移行支援事業所では以上の様な特徴のサービスを受ける事ができます。
しかし、就労移行支援といっても事業所によって内容が細かく違いますので、必ず自分に合った就労移行支援事業所に通所するのが良いでしょう。
その為、自分が通所できる範囲の就労移行支援事業所についての情報はしっかりと集める事が大切です。
もし不安や疑問がある様であれば、市町村の障害福祉窓口へ相談される事をおすすめします。