就労支援Memoについて

このサイトは、広汎性発達障害により就職活動が難しい方や、勤務に介助が必要な方のための就労移行支援サービス情報提供サイトです。「就労移行支援はどんな人が利用できるの?」「受けられるサポートの種類や期間は?」など一問一答形式でみなさまの質問に回答しています。
今の時代に知っておきたい就労移行支援と就労継続支援の違い | フランチャイズ相談所

コラム

広汎性発達障害は仕事に支障がある? コラム

広汎性発達障害は仕事に支障がある?就労移行支援を受ければ大丈夫!

広汎性発達障害は社会に出て仕事をしていくうえでも何かと支障をきたす事が多い障害です。しかし、障害があるからといって仕事をするのが困難という訳ではありません。この記事では広汎性発達障害と、そんな方向けの就労移行支援についてご紹介いたします。
躁うつ病って? コラム

双極性障害(躁うつ病)で仕事が続かない?精神病でも就労移行支援は利用できる

双極性障害(躁うつ病)はうつ状態と躁状態が行ったり来たりする精神疾患です。気分の変化から体調を崩したり鬱状態が長引くことで仕事が続かないことが多い双極性障害ですが、就労移行支援で自分の症状を知れば再び就労することもできるようになります。
大人の学習障害って? コラム

LD(学習障害)の特徴や就労移行支援での仕事支援方法とは?

LD(学習障害)とは学習が学業に困難がある方のことを指しますが、大人のLD(学習障害)ではある一定の仕事が困難でできないという特徴があります。就労移行支援での支援方法としては、仕事のトレーニングを行い強味と弱みを理解させることから始めます。
ADHDとは コラム

ADHD(注意欠陥多動性障害)はミスが多く仕事が続かない人は就労移行支援へ

ADHD(注意欠陥多動性障害)は集中力が続かず、ミスをしたり、人を不快にさせたり就職しても仕事が続かない事が多いそうですが、就労移行支援で自分自身の症状についてしっかりと理解することができれば再び一般企業へ就労することも難しくはありません。
アスペルガー症候群でも仕事ができる? コラム

アスペルガー症候群が受けられる仕事もサポート就労移行支援とは?

アスペルガー症候群の方は仕事ができない、ミスが多いと心無いことを言われてしまいがちですが、それはもしかしたら、就職先があっていないのかもしれません。アスペルガー症候群の方でも受けられる就労移行支援についてまとめてみました。